D!S!E!

ヒロ様の黄薔薇になりたいハロオタ。書き散らしブログ。

パーソナルカラー診断に行ってきた話

めっちゃおしゃれ!になりたいわけではなくて、イベントに行く時最低限身繕いができたオタクでいたい。せめて浮かない程度に身なりを整えたい。でも、何を着ていいのかよくわからない。適当に服やコスメを買っているけどなんとなく似合わない気がする。

特に口紅とかやばい。顔色が死ぬし唇だけ悪目立ちする。アイシャドウもまたひどい。腫れぼったくなったり殴られたようになったり。そしてチーク。色は乗るものの、色が乗っているだけで頰に血色?透明感???なんじゃそら。そんなもの無くない???

そういうオタクほどパーソナルカラー診断行くと捗るよ!って話です。

 

パーソナルカラーとは

さて、そもそもパーソナルカラーって一体なんなのさ?という話。それは色を春夏秋冬の4つのグループに分類して似合う色を診断しましょうという試みですね。診断の流派によっては8分割だったり16分割だったりしますが、基本は春夏秋冬の4分類になります。

パーソナルカラーで画像検索をすると色が4グループに分かれた画像がたくさん出てきます。自分のグループの色が似合いやすい色になります。詳しくはアットコスメのコラムがわかりやすいですね。

s.cosme.net

あとはStyle Worksさんのインスタがめちゃめちゃわかりやすいので貼っておきます。

www.instagram.com

人によっては本当に劇的ビフォーアフターって感じだし、特に口紅の色は顕著に似合う似合わないがはっきりしますね。顔の中で一番目立つ色が乗る部分だし。

これ見てると目元を盛らないでリップメイクをきっちりやった方が印象良くなるのかな…?なんて気がしてきます。

それから、パーソナルカラーの診断を受けた後で気になるのは自分の季節ではない色は身につけてはいけないのか?ということ。

たしかにパーソナルカラーから外れる色は顔の近くに持ってくると顔の色が悪く見えますが、であればボトムスとか靴とか鞄とか、顔から離してあげれば良いのであって。自分の季節の色じゃないから着てはいけないっていうわけではないです。

あくまでこの色が似合うよ(顔映りがいいよ)っていう指標なだけで、100%それに従う必要はないのです。着たいもの着るのがいちばん。たぶん、パーソナルカラーからは外れるけどこの色好きだなあって色、あったりするじゃないですか。それとか、似合わないのはわかるんだけどどうしても物として可愛いから欲しいっていうお洋服とか。そういう好きな色を身につけられなくなるのも悲しいものがあるので、工夫して取り入れましょうねってことですね〜。

 

 

診断を受けるには?

 パーソナルカラーの診断はデパートでやっているところや個人のアナリストの方がやっているところなど様々な形態があって、値段もだいぶ違うのですが。私が行ったのは大丸東京でやっているファッションナビ。3,240円とお手頃価格です。

dmdepart.jp

 

東京都内だと大丸東京と松坂屋上野でやっているのですが、私は上野の方に行きました。上野の方が比較的予約が取りやすいようですが、それでも基本的には予約開始時間になったらPC張り付き推奨です。事前にアカウント作成してログインまで済ませた状態で待機しましょう。舞台の一般発売戦争よりは勝率高いですから焦らなければ大丈夫。

ちなみに、ネットでも探せばパーソナルカラーの自己判断のページがたくさん出てきますが、自分を客観視するって案外難しいのであんまりあてにしすぎないほうが良いと思います。(私も自己診断とプロ診断の結果違っていたので)こういうのは素直に人の目を借りたほうが良いかと。

 

診断結果

診断は写真でよくあるあれ。顔に様々な色のドレープをいくつもあてて、それぞれの色移りを見ていきます。私はどの色が合うのかいまいちわからないなあ…という感じで見ていたのですが、でも似合わない色だけはわかった!合わない色だとほんとに笑っちゃうくらいモーレツに似合わないんですよね。顔色が死ぬ!

自己診断ではオータムかな?と思っていましたが、診断の結果はサマーでした!

もう少し詳しく聞いたところ、サマーの色群の中でも少しくすんだ色の方が似合うのと、あとはオータムの色群の中でもくすんでいる色味だったらいけるものがあるとのことでした。なので、もうちょっとつっこんだ言い方をすると夏スモーキー(夏スモ)のセカンド秋になりますね。

※パーソナルカラーは一つの季節だけでなく複数の季節にまたがる場合があるので、人によってはセカンドの季節があります。

 

日本人のパーソナルカラーの割合は、諸説あるようですが、

春 30〜35%

夏 30〜35%

秋 5〜10%

冬 15〜20%

くらいなんだそうです。でもこれもあるブログの説で、他のブログを読むとサマーが5割といっているブログもあったり。総合すると一番の多数派はどうやらサマーのようです。

 

パーソナルカラーでどう変わったか?

服とか化粧品の色を気にして買うようになりました。特に化粧品は買うのがとっても楽しくなりました😘 服はともかく化粧品は直接肌に乗せるので色の影響が顕著ですね。

今まで持っていた口紅ってオレンジがかった赤と桜色だったんですけど、パーソナルカラーを受けてめっちゃ納得。似合うはずがない色なんですよね!!!(*^▽^*)そりゃあ口紅似合わないなって思うわけですね…。

これらのカラーは、パーソナルカラーでいうとたぶん春の人に似合う色なんですね。ぱっと見鮮やかで黄色味がかってあたたかみがある綺麗な色なので目に入るから買っちゃうんですが。

こうやって考えると、私は夏スモなので、

鮮やか→彩度が高いと浮いてしまってだめ

温かみがある→黄味が強い色だと顔色が悪く見える

って感じで似合う色と正反対の色を買ってたんですね〜。サマーの色ってちょっとくすんでたりするので、単体で見たときにあんまり目を引かないんだなあと改めて思いました。

で、パーソナルカラー的に似合うと言われているローズ系の口紅を買ったところ。うわ〜〜〜めっちゃ似合う〜〜〜〜!って感じ。今までの口紅は一体何だったんだ???自ら顔色を殺しにいってたんだなあ……

ローズ系って今まではなんとなく使いづらそう、似合わなそうとか思って手を伸ばさなかった色なんですけどこんなことならもっと早く買っていれば良かったなあ。

それから服の面でどう変わったかというと、似合う色の範囲はだいたいこのへんというのがわかったので、同じような色と同じような形の服を買い集めて制服みたいな感じで着回しするようになりました。

会社行くのに毎日何を着るか?ってけっこう考えるのがめんどくさいのでその分リソースの節約になってるかなーと思います。パーソナルカラーを消極的に使ってますがまあ。楽できるからいいでしょう。笑

 

最後に

どういう服着たら良いのかわからない、とか化粧品がわからない、とか。そういう悩みがある場合は一回パーソナルカラー診断受けてみると何かの糸口になるかもしれません。色がわかってくると服やコスメを選ぶのがちょっと楽しくなってくる!かもしれません!(*'ω'*)

コスメの沼も…あったかいぜ…!

 

パーソナルカラー診断受けた後にこの本読むとめちゃめちゃわかりやすくてよかったです。身に覚えがあることしか書いてない。笑

 

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール